オメガ3の1日分の理想的な摂取量は?

アレルギー抑制の効果があり、身体にも良いとされているオメガ3ですが摂り過ぎはよくありません。日本人の理想とされているオメガ3の1日の摂取量はティースプーン1杯分。2グラム程度ということになります。

身体に良いからといって毎日オメガ3を必要分以上に摂取しすぎていると、心疾患などの病気になってしまう可能性もありますので気をつけなくてはいけません。

アトピー対策を考えている場合も1日2グラムを目安に摂取していればお肌も綺麗な状態に回復していきやすいと思います。

反対にアトピーにとって大敵な油のひとつに「マーガリン」があります。かつてはバターよりマーガリンが良いという間違った情報が広まったこともあるようですが、マーガリンは極力!摂らないようにしましょう。

マーガリンは「食べるプラスチック」とも呼ばれるほど、身体に害のあるものです。コンビニのパンやお菓子、インスタント食品にもよく使われているのでご注意を。アトピーの治療中はもちろん、完治後も食べたくない食品です。いや、それだけではなく健康体の人でも人体にとってマーガリンは毒ですので食べないようにしたほうがいいです。

私たちが普段生活しているなかには、実は身体にとって有害なものは沢山あるのです。

アトピーを治していきたいときに食事面で1番期を使うべきことは、加工食品や冷凍食品、外食などの食生活では身体にとって不要なものまで沢山摂取してしまうので出来るだけ控える。ということだと思います。

自炊するときにはオメガ3とオメガ6のバランスに気をつけてあげるだけでも、アトピーは改善するでしょう^^

あとは生活の中で清潔に過ごせるように気をつけたり、お肌の保湿を欠かさない、酷くなってしまったときには放置せずに皮膚科を受診していくことが辛いアトピーを治していくために大切なことです☆

アトピーは改善と悪化を繰り返しやすいので、もどかしい気持ちになってしまいますがゆっくりでも改善していけるように私も頑張ります。

肌潤糖の保湿力を実感。

 

私は子どもの頃アトピーが酷かったのですが、成長とともに改善していき今ではたまに症状が現れる程度になりました。

大人になってからもたまにアトピーの症状が出てしまう箇所は顔、腕、手など。主婦業をしていると手は特によく出てきてしまいます。

もともと手荒れを気にして食器洗いやお掃除のときにはゴム手袋を着用して極力荒れないようには気をつけているのですが、それでも子育てをしていると手を洗う場面もとても多くて。

今日もちょっとカサついている気がしたのでお風呂にはいって肌潤糖でケアしました^^

お風呂後には普段通りに全身保湿ケアをしたのですが、やっぱり肌潤糖でケアしたあとのお肌はうるおいが全然違うなーと毎回感激します。

時間が経ってもうるおい持続♪肌潤糖を使ったときは翌日になってもお肌がいつもより潤っています。

ちなみに双子達はほぼ毎日、肌潤糖でケアしているのでアトピーが酷かったころに比べるとすごく良くなりました。最近では痒がることもほとんどないかな。私は普段は双子のあとに手に残ったもので気になるところに塗る程度。夏だと週に1回程度は全身を念入りにケアしています。

乾燥といえば冬のイメージが強いと思いますが、夏でもエアコンの効いた部屋ですごしていると結構お肌も乾燥するのでアトピー体質の私たちは夏でも冬でも保湿ケアは必須なのです。

肌潤糖だと顔にも使えるので、全身ケアをしています^^

私の場合、お顔に使うと肌の弾力もアップし化粧乗りも良くなったのが実感できます。

私は高い化粧水や乳液を1人で使うよりも敏感な肌な私には肌潤糖が肌に合っていると感じるし、子ども達も一緒に使えるのでそれが良いですね。

ムダな物が一切入っていなくってお砂糖とオイルのみの優しい素材で作られたものなので、アトピーでお悩みの方にすごくオススメです。

ニキビに効くタイプもあるので、ニキビ肌でお悩みの方にはそちらがオススメ。こちらも同じく、ムダな物が一切入っていませんよ〜。

アトピーが悪化してしまう原因は?

 

アトピーになる原因の多くの理由は「乾燥」ということがわかっています。

お肌のうるおいが少なく乾燥した状態だと荒れた状態のお肌からアレルギーの原因となる物質が体内に入り込んでしまい、アトピーを発症しやすくなるそうです。

そして、日常の中でも何気ないことでもアトピーを悪化させてしまう要因となってしまいます。

たとえば、精神的なストレスや睡眠不足などからもアトピーの悪化に繋がってしまいます。オメガ6からのアトピー悪化もありますし、食べ物の選び方や生活習慣、ストレスをためすぎないことも重要なんですね。

また今の時期にありがちなのが、汗をかいた肌をそのままにしておくのもアトピーを悪化させる原因になってしまいます。とくに小さな子はすぐに汗をかきますし、そのまま気にせず過ごしてしまうこともよくありますよね。汗をかいたまま放置していると敏感なお肌はその刺激だけでも悪化してしまうのです。

刺激の強いシャンプーや石けんでも同じです。アトピーを発症したお肌に刺激は禁物!アトピー体質の人はなるべく優しい素材でできた肌に合うものを使用してお肌を清潔に保つことが大切です。

清潔にするといえば身体だけでなく、生活の場所でも同じです。

不衛生な場所ではダニやハウスダストなどが原因でアトピーの悪化に繋がってしまいますので気をつけなくてはなりません。

カーペットなどの敷物は、気づかないうちに食べこぼしが落ちていたり掃除のムラ、湿度などの関係でダニが住み着きやすい場所でもあります。こまめに掃除をしたり、ダニ取りグッズなどを使ってダニが繁殖しにくい状態にしておきましょう。

約13歳くらいまで子どものアトピーの多くの原因は食事面やダニの発生からくるものだとも言われております。

アトピーはお肌の体質でもありますし、マシになったり悪化したりを繰り返しやすいですよね。悪化させてしまう要因のものは出来るだけ避けるようにして、少しずつ綺麗なお肌の状態にもどしていければと思います。

肌潤糖でお肌のお手入れしています。

昨日のブログで「肌潤糖」のことについてを書いたのですが、今日もその続きです^^

お風呂に入ったときに親子で一緒にケアできるのも便利ですし、お試しで使い始めたときからすぐに保湿に優れていることを実感できました。

使用方法は普段通りにお風呂で身体を洗ったあとに、ペースト状にゆるめた肌潤糖でお肌をクルクルとマッサージさせ少し時間を置いてお肌に浸透させる。そしてぬるま湯でささっと流してあげるだけ。

私はお風呂からでたあとにいつも通り化粧水・乳液などで保湿。子ども達は皮膚科で出してもらっている保湿クリームを全身に塗っておわり。

ちなみに他の方の使用方法や口コミはhttp://www.pubduvillage.com/にも詳しく載っています☆

使い始めたその日から、子ども達のお肌がいつもよりしっとりと潤っているのに気づきました♪お肌が潤っていると痒みも出にくいので夜は安眠できるし、もちろんお肌の状態も改善してきました^^

私は頬の赤みが消え、たまに出ていたアトピーも今では出なくなったので効果覿面です☆
それに双子たちのお肌は私よりも改善しました。
肌潤糖を使用する前まではアトピーがよく出る部分の皮膚が硬くなってしまっていたのですが、使い始めて1ヶ月後にはカサつきのないキレイなお肌になっていました。これが一番嬉しかったですね!

以前は寝ている間に掻きむしってアトピーが酷くなってしまうこともあったのですが、肌潤糖を使い始めてからはそれもなくなりました。

今まで他のケア用品や皮膚科の保湿クリームだけでは双子のアトピーはなかなか良くならなかったので、これがないと困るくらい^^;

北海道のてん菜糖と植物性のオイルのみで作られているんです。着色料、合成香料、防腐剤などムダなものは一切入っていないから、敏感な赤ちゃんのお肌にも安心して使えますよー。

とってもシンプルで優しいのが安心出来るので、私は何度もリピート買いしています。

辛いアトピー肌に効く、親子で一緒に使えるケア用品♪

 

私がアトピー対策として続けていることが、オメガ3を摂るようにしてオメガ6が入った油は出来るだけ控えるということ。

アトピー肌に効くケア用品で子どもと一緒にお肌のケア。酷いときには放っておかずに皮膚科に受診、お薬を使用。という感じです。

一昨日のブログで私と子ども達が愛用しているケア用品のことをちらっと書いたのですが、今日はそのケア用品についてもご紹介していきたいと思います。

今のケア用品を使い始める前まで、双子のお肌の状態は良くなったと思ったらすぐに荒れてしまうの繰り返し。皮膚科を受診する頻度も多かったです。何度も繰り返すのでその頃はまだ赤ちゃんだったのに、しっとりもっちりな赤ちゃん肌とは程遠く。うちの双子のお肌はアトピーが良く出る部分の皮膚が硬くなってしまっていました。

保湿に気をつけていてもなかなか普通の状態のお肌にはならず。私も子どものころからアトピーには散々悩まされてきていたので、そう簡単には解決しないものだとわかっていながらも我が子がアトピーで痒がっている姿をみるのは可哀想で、いろんなことを試しているうちに今のケア用品と出会えました。

使い方を少し変えるだけで、私のお肌にも子ども達のお肌にも一緒に使用しています。

アトピーで悩まれている方にはこの商品知っているという方や、気になっているという方も居るかもしれませんが、私が愛用しているのは「肌潤糖」というお砂糖とオイルで作られたスクラブタイプのケア用品です。

見た目もお砂糖のような感じ。

手にのせて、水で伸ばしながらゆるいペースト状にしてから使います。優しくマッサージしていくように塗っていくと、だんだん肌に馴染んできます。顔にも使えるので全身クルクルとマッサージするんです。塗り終わったらお肌に浸透するように少し待ってからぬるま湯で洗い流しています。

子どもに使うときには、大人よりも少しゆるいペーストを作って同じくマッサージするように塗りこんであげます。

お歌を歌いながらとか楽しい時間になるように塗ってあげるようにしていたら、今ではこの時間も楽しいようで全く嫌がりません^^

使用後や、効果はまた明日のブログで続きを書いていきますね〜☆

オメガ3の効果

 

最近話題の亜麻仁油やえごま油などにも含まれていて、いま注目されているオメガ3ですが、このオメガ3の成分はアトピー性皮膚炎にとても効果があることがわかっています。

オメガ3は体内で自発的に作ることができない成分なので、食事などから補わなければなりません。オメガ3が含まれている代表的な油は「亜麻仁油」「えごま油」「チアシールド油」などがあります。

健康にも良いということで、亜麻仁油やえごま油なんかは特に人気の高い油ですよね^^

ちなみにオメガ3は熱に弱いという特徴もっているので、調理するときにはサラダなどの非加熱な料理に使用するということがポイントです。加熱調理をしてしまうと酸化してしまいオメガ3の効果が望めなくなってしまいます。

オメガ3を補うことで得られる効果は、アトピーの改善の他にも「がん予防」「脳の健康を維持」「動脈硬化予防」「心臓病予防」「悪玉コレステロールの低下」などがあります。

 

昔から家庭でよく使われているような「サラダ油」「ごま油」「マヨネーズ」「べにばな油」「コーン油」などはオメガ6という成分が含まれていて、オメガ3の性質とは全く違った働きをします。

オメガ6ではアレルギーを促進させてしまうので、私のようにアトピー体質な方は摂り過ぎないように気をつけたいですね。

オメガ3とオメガ6をバランスよく摂取することが理想的なのですが、近年の日本の食事は欧米化に伴いこのオメガ6の摂取量が非常に多くなってしまっています。ファーストフードやお菓子にもオメガ6が含まれているので、子どものころから沢山のオメガ6を摂っているというのが今の日本の現状です。

このことが様々な病気を引き起こす原因にもなり、アトピー患者の数も昔に比べ増えている原因にもなっているのです。

オメガ3もオメガ6も必須脂肪酸なので、全く摂らないようにするというよりもバランスが大切。オメガ3、オメガ6で「1:4」程度の摂取比率が理想的なようです。

 

 

 

美味しく食べたい♪オメガ3のオススメな摂りかた

昨日のブログでも書いたようにオメガ3は加熱すると酸化してしまい、せっかくの効果もなくなってしまうので非加熱調理にサラッとかけて効率的に摂っていきましょう。

サラダのドレッシングに使用するのも良いいですし、ディップソースに使用するのとコクも加わりヘルシーに美味しく仕上がります。モデルさんの間では美容のためにスムージーなどの手作りジュースに少し垂らしていただいている方も多いようです。ソースやジュースにしてしまえばお子様でも食べやすくなりますね。

エゴマ油ならクセもそこまでないので使いやすいです。カルパッチョにさらりとかけて食べるのも美味しくてオススメです。

亜麻仁油はエゴマ油に比べると少しクセがありますが、むしろそれが良いという方も♪♪

出来上がったお料理にたらりとかけるのも良いですし、薬味たっぷりの納豆に少しだけ垂らして食べると美味しいです。

1日にスプーン1杯程度で必要な量のオメガ3が摂れるので、手軽に続けていきやすいのではないかと思います。

「オメガ3でアレルギーを抑制させる」これが私が実践している食事面でのアトピー対策です^^

アトピー対策ではお肌のケアに関しても、効果があったお気に入りのケア用品があるのでまたご紹介したいと思っています。

私だけではなくって、まだ小さい双子の我が子にも一緒に使えるようなお肌に優しいものなのでとても助かっているんです。着色料、防腐剤、合成香料なども一切入っていないとてもクリーンなところもお気に入りなんです。

私はともかくまだ幼い子どものお肌はとても敏感だし、ましてやアトピー体質な我が子には肌に合わないものだとか、余分なものが入ったケア用品をつかって逆にアトピーを悪化させたくないので、ケア用品に関してはとても気を使って探すんです。

いまのケア用品は使用しだしてからはトラブルも無くアトピー症状も改善しているので気に入って続けています^^

また今度、愛用のケア用品について書いていこうと思います。

アトピーに悩んだ私。我が子もアトピー体質に

 

私はアトピー体質で、それで何度も悩んできました。

幼い頃と比べるとアトピーの症状は成長していくにつれてマシにはなってきましたが、予期せぬタイミングで突然アトピーの症状が現れるということもありました。

幼い頃からお薬を塗ったり念入りに保湿ケアをしていましたが、良くなったり酷くなったりの繰り返しで辛かったことを今でも覚えています。

掻いたら更に酷くなると注意されながらも、痒くてたまらない。寝ているあいだにも掻きむしっているようで、朝起きたら飛び火のようになっていることもありました。そんなことが続くといつの間にか肌はカサカサに。アトピーが出ていない部分は柔らかい肌をしているのに、アトピーの部分は肌が硬くなってしまっていました。

小学生低学年の頃がピークに酷くて、周りの友達のキレイな肌が羨ましかったです。

そこから徐々にアトピーは改善されていったのですが、それでもアトピーに悩んでいた日々は長かったな〜と感じます。

そして私のアトピー体質を受け継いでしまったのか、我が家の双子も軽いアトピー体質のようです。

私のようにアトピーを悪化させないようにと色々な方法を試してからは改善がみられましたが、以前の双子たちは乾燥しやすいお肌に表面がザラザラっとしていて、手の甲のシワも深め。お肌はすこし硬くなってしまっていました。

半年前と比べても、今の2人のお肌はすごくキレイになったと思います。

いまでも体質的には刺激に弱く敏感な肌質だと思うのですが、ケアを続けることで肌質が改善されてきたので私もちょっと安心しました^^

アトピーにお悩みの方や、お子様のアトピーに悩むお母さんならもうすでにご存知のかたも多いと思いますが、アトピー性皮膚炎にはオメガ3がとても有効的です。

オメガ3には炎症を抑制させたりアレルギーを抑制させる効果があり、アトピーを改善させるには打ってつけ。

美容や健康にも良いと今注目もされていますよね。オメガ3がどういう風に良いのかもまた説明していこうと思います^^